おすすめする理由3選

  1. 敏感肌はクレンジングを選ぶのも大変
  2. 敏感肌でも使えるオイルクレンジングは少ない
  3. 無印良品の敏感肌用は口コミ通り優秀です

敏感肌はクレンジングを選ぶのも大変

長年、敏感肌で悩んでいました。適当なクレンジングやメイク落としシート、流行りのクレンジングと次々と試していた数年間。
これだ!と思えるクレンジングに出会えずコスメカウンターで美容部員さんに相談するとクレンジングミルクをおススメされたんです。
使ってみると、確かにメイクは落ちるし、洗い上がりはしっとりしていて問題なく使えていると思っていたんです。
しかし、肌診断を受けてみると驚きの結果が出ました。
水分量はあるのに油分が少なく、毛穴には落としきれていないメイクが残ったままで肌のくすみの原因になっていたのです。
手軽に使えるメイク落としシートに戻して使っていましたが、あのメイク残りの画像が頭から離れずにいました。
そんな時にテレビ番組でメイク落としはオイルで落とすのが最適というものでした。
ファンデーションなどは油なので、同じ油で落とすということが理にかなっているという説明でした。
そこで、オイルクレンジングの口コミを探しました。

敏感肌でも使えるオイルクレンジングは少ない

敏感肌用とか敏感肌でも大丈夫というふれこみのオイルクレンジングは確かにありますが、全ての敏感肌に合うとは限りません。
私の場合ですが、高いオイルクレンジングより安いサラサラしたテクスチャーのオイルクレンジングの方が肌に合っていると感じました。
粘度が高いオイルは、やはり肌に負担がかかっているのか洗い上がりがつっぱる感じがするんです。
そんな時に見つけたのが口コミで話題の無印良品の化粧品です。
早速サイトに登録して探してみると敏感肌用の化粧品がたくさんあって、オイルクレンジングもありました。1000円以下だし失敗してもいいかな?という気持ちで購入しました。

無印良品の敏感肌用は口コミ通り優秀です

無印良品でクレンジングと洗顔、化粧水、乳液など一式買い揃えました。
オイルクレンジングの使用感ですが、私は通常2プッシュでいいところを5プッシュ使っています。
肌をゴシゴシすることなく撫でる感じでメイクが落とせます。テクスチャーはトロっとしたオイルですが洗い上がりはべたつく事無くさっぱりしています。
ダブル洗顔は必須ですが、メイク残りしないです。
ラメ感の強いアイシャドーを塗った時はしっかり落とすようには気を付けています。
一か月から二か月に一つ使う感じなのでコスパも良いですね。
油は油で落とすという意味を実感しています。
使い始めて数年になりますが、新しいオイルクレンジングも出たのでそちらも試してみるつもりです。